SPF豚について

  • HOME
  • SPF豚について

つくば美豚はSPF豚。ところでSPF豚って何?どこが優れているの?そんな疑問にお答えします。

SPF豚とは?

SPF豚とは?

SPFとは「Specific Pathogen Free(特定の病原体をもっていない)」という意味の学術用語です。この名を冠するSPF豚は、健康に悪影響を与えると指定された、特定の疾病が存在しない豚のことをいいます。便宜上「無菌豚」と称されることもありましたが、「無菌豚」はGerm Free豚なので、全く別のものになります。全く無菌の豚は、特殊な装置のなかでしか飼育することはできません。 その点、SPF豚は自然環境下で飼育されているので、一般細菌は保持しています。清潔な環境で飼育されているので、腸内に棲息する細菌の多くは善玉菌で、悪玉菌が少なく豚が健康に育っている証しです。したがって、SPF豚は「無菌豚」ではなく「健康豚」の代名詞であるといえます。

SPF豚はどのように飼育されているの?

SPF豚はどのように飼育されているの?

厳重な隔離状態のなか、何世代にもわたり徹底した防疫管理と最新の飼養技術によって、抗生物質等を用いずに育てられます。そして定期的な検査によって、健康であることが証明されるのです。しかし研究施設のような無機質な環境で育てられるのではなく、衛生的で無理のない、より自然な環境での飼育を目指しています。豚を病気から守るために防疫体制は厳重ですが、飼育環境は一般的な普通の豚舎です。

弊社提携SPF豚飼育農場

稲敷市:篠崎畜産 | 大子町:常陸牧場

国産の豚肉のうち、SPF豚認定農場産は全体の8%強。農場数では2%弱と推定されます。SPF豚は、この様にごく限られた農場でしか飼育できないほど、手をかけて飼育されているのです。豚肉本来の味と風味をもつSPF豚を、是非お試しください。

Pagetop