商品紹介

商品紹介

OMCでは使用方法に応じて、
使いやすいように加工してご提供できます。

お気軽にお問い合わせください。

こだわりの商品ガイド

鶏のむね(国産)

一般的には骨を取り除き、胸の生肉に整えた肉。脂肪は少なく淡白な味わい。肉質は柔らかく、肉色も薄い。ソテー、カツレツ、蒸し物等に。

鶏のもも(国産)

動かす部位のため肉質はむね肉よりもやや堅く、筋もある。脂肪の乗りがよく、コクのある食味で、煮物、炒め物、ソテー等用途が広い。

豚のバラ(茨城県産)

胸と腹に当たる部位で、脂肪と赤身が三層になっていることから、三枚肉として知られる。脂肪に風味、コクがあるため、料理の用途は幅広い。

豚のヒレ(茨城県産)

脂肪がなくあっさりとした食味で、肉質が最もキメ細かく柔らかな部位。全体の肉質の2%ほどしかなく、最も高価な部位とされる。トンカツやステーキに最適。

豚のロース(茨城県産)

背中の中央部分に当たる肉で、肉の色はピンク。肉質はキメ細かく柔らかで、脂肪は白く甘味がある。多様な料理に応えられる良質部位。

牛のサーロイン(国産)

牛肉を代表する部位で、ロースの一部。ヒレに次いで柔らかく、風味に優れ形も美しい。肉本来の味を楽しむステーキ、ローストビーフ等で。

鶏の手羽先(国産)

手羽から手羽元を取り除いた部位。肉の量は少ないが、脂肪とコラーゲンが多く、コクのある食味を楽しめる。煮物や揚げ物、照り焼き、串焼き等で。

鶏のささ身(国産)

胸骨に沿って、左右一本ずつある部位。鶏肉の中でも特に脂肪が少なく、淡白で肉質は柔らかい。淡白な味を活かし、様々な料理に使われている。

豚のスペアリブ(茨城県産)

骨付きバラをスペアリブと総称するが、肩部分の良質なスペアリブは肉質、食味に優れ、貴重部位とされる。ソテー網焼き等、肉本来の味を楽しめる。

豚のもも(茨城県産)

後足からしりの周囲の肉。一般に内ももを指し、脂肪が少なく赤身で肉質は柔らかい。ソテーやトンカツ、焼肉、カレー等利用度は高い。

豚の肩ロース(茨城県産)

肩の部分のロース。ロースに比べてキメは若干粗いが、脂肪と筋の微妙な風味とコクのある味で、ファンも多い。ソテーやしょうが焼き等。

牛の肩ロース(国産)

頭に近い部位で、ややキメが粗く筋もあるが、風味が豊かですき焼き、しゃぶしゃぶ等に合う。霜降り肉として知られ、和洋の料理に使われる。

豚の生ハムとベーコン(国産)

豚肉の加工食品として生ハム、ベーコン、ハム、ソーセージ等がある。それぞれの食味に合わせて用途は幅広く、ギフト等にも使われる。

特選・豚の味噌漬け

上質の茨城産豚ロース及びバラを厳選して、独自の風味あふれる味噌に漬けた手作り味噌漬け。冷蔵保存に向き、ギフトやお土産に喜ばれている。

豚のレバー(茨城県産)

豚の肝臓で、一般的に料理に使われる部位。歯切れのよい食感でフランス料理から中華料理、串焼きまで幅広い料理に使われる。

豚の白モツ(茨城県産)

豚の内臓では広く知られる部位。独特の食感があり、鮮度の高いものを丁寧に下処理して、煮込みや炒め物、串焼き等様々な料理に使用する。

豚のトントロ(茨城県産)

首周辺の部位で、脂肪と赤身がマグロのトロに似ていることから「トントロ」と呼ばれる。脂肪の甘味と独特の食感で、焼肉ではファンも多い。

和牛の極上カルビ

和牛肉の中でも最高級に当たる霜降り肉の、茎のみを切り出した部位。少量部位のため高価とされる。新鮮なものを刺身の他、ソテーや焼肉でも。
Pagetop